公益財団法人 札幌市学校給食会公益財団法人 札幌市学校給食会

Sapporo School Lunch Association

業務情報

安全・安心な物資の供給

 当給食会では、農薬の使用回数を減らした「クリーン青果物」等の供給に努めているほか、次のように、食品衛生基準を満たしている業者の選定、給食物資の品質規格基準の設定、そして各種細菌検査等の実施など、安全・安心な給食物資の供給に取り組んでいます。
イエス・クリーン
 北海道立農業試験場が開発・改良した「クリーン農業技術」を導入している生産者集団(農協・地域等の単位)が、「北海道クリーン農業推進協議会」の登録承認を受けて、化学肥料や化学農薬を削減するなど、同制度で定める登録基準に適合して生産された環境にやさしく安全・安心な農産物を「イエス・クリーン」という愛称で呼んでいます。
エコファーマー
 「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づく農業生産方式で、(1)たい肥等施用技術 (2)化学肥料低減技術 (3)化学農薬低減技術のこれら3つの技術のすべてを用いて栽培する生産者に対し、都道府県知事が認定基準に照らして、適当と認められる農業者に対して認定証を交付しています。この認定を受けた農業者を「エコファーマー」という愛称で呼んでいます。
さっぽろとれたてっこ
 札幌市内の生産者が、消費者の意見を取り入れながら、「新鮮・安心・良質」を目指して農薬や化学肥料に関する独自の生産基準を定め、札幌市農業振興協議会が認証した農畜産物とその加工品です。このブランドを「さっぽろとれたてっこ」という愛称で呼んでいます。
エコフード
 道内青果物の慣行栽培における、肥料の使用量や農薬の使用回数は、道内一律の基準で設定されています。ふらの農業協同組合では、道内一律の基準からさらに農薬の使用回数等を削減した独自の栽培基準を設定し、その基準に適合して生産された、同組合管内の青果物を「エコフード」という愛称で呼んでいます。
富良野のばれいしょ畑

公益財団法人 札幌市学校給食会

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル6階
TEL.(011)211−3897 FAX.(011)211−3898