財団法人札幌市学校給食会
給食会の紹介 業務情報 業者登録 広報誌 給食会ニュース リンク集
給食会ニュース
 
 
 
 
 
2018.9.21(金)
第19回 クリーン野菜産地親子見学会を実施しました!

  8月3日(金)、富良野市東山において当給食会が主催する「クリーン野菜産地親子見学会」を実施しました。この見学会は、日ごろ学校で給食を食べている児童とその保護者の方々が、給食で使用されているクリーン野菜の生産地を訪れ、農協職員や生産者の話を直接聞いたり実際にじゃがいも掘りを体験したりすることで、食物としての野菜の大切さや、安全・安心な農作物を作るために努力している農家の人たちの苦労などについて理解を深めていただくことをねらいとしています。平成12年度(2000年度)から当給食会の<食育への取組>として実施し、今年で19回目の開催でした。
  さわやかな夏空の下、10組20名の親子がクリーン野菜の産地「ふらの」で楽しい夏休みの1日を過ごしました。

【見学会当日の様子】

  朝9時に貸切バスで札幌を出発。途中「キウスPA」「道の駅:しむかっぷ」で休憩を取り、正午近くに富良野市のJAふらの東山支所に到着しました。支所では、挨拶や概要説明の後に昼食をとり、記念撮影をしました。


バスに乗車して出発です。


東山支所での開会式(増田部会長さんの挨拶)


高橋東山支所長さんの挨拶


全員で記念撮影



 午後から、近くのじゃがいも畑に移動。生産者(ばれいしょ部会)の皆さんの指導のもとに「いもほり体験」をしました。思った以上にたくさんのいもがとれて、みなさん驚いたようです。


靴にビニールをかぶせて畑へGO!


増田部会長さんから「いもほり」の説明


いもほりの開始です。


予想よりもたくさん埋まっていて驚きました。


だんだんと慣れてきました。


袋にたくさんじゃがいもがたまってきました。


畑もすっかりきれいになりました。


袋にいっぱいのじゃがいもが重そうです。


じゃがいもの生産者とJAの方々です。


生産者の方々と記念撮影


すいか選果場で二種類のスイカの試食タイム


どちらも甘いけど味が違うようでした。

 スイカ選果場の見学を予定していましたが、今年は6月の天候不順の影響で、生育が遅れているため、選別の様子は見学できませんでしたが、とれたてのスイカの試食をしました。子どもたちは、2種類のスイカの食べ比べをして、甘さと味の違いに驚いていました。



  帰路は「ふらのマルシェ」等で休憩をとり、三笠を経由して札幌に帰着しました。参加者の皆さんは、自分で掘ったじゃがいもが入ったずっしりと重い袋を手に提げ、解散地の市役所前からそれぞれの家路につきました。


参加者の皆さんからのアンケート(一部を抜粋して紹介します。)
【児童の声】
富良野のスイカを食べられて、2種類の味を楽しめたのでうれしかったです。特に、生産者の人が夏暑い中がんばっていて、関心を持つようになりました。いもほりに挑戦できていっぱいいもがとれて、とても楽しかったです。ありがとうございました。

いもをほる時に、いもの根を引っ張るだけでなく、土をほっていもをとるといっぱいとれて、すごいなぁと思いました。小さいいもは、「皮をむかなくても揚げて食べられる」と、農家の人が教えてくれました。スイカも3つ食べました。スイカを食べ比べると、味がそれぞれ違うんだなぁと思いました。今日1日楽しかったです。

おいもほりで出てきたおいもがとても大きかったです。スイカの選別は見られなくて残念だったけど、おいもほりを通じて農家さんの大変さを知ることができました。おいもを家で調理して食べるのが楽しみです。

じゃがいもほりやスイカの試食などが楽しかったです。今回でいもほりが最後なのは残念だけど、他のイベントにもぜひ参加させてください。


【保護者の声】
親子で楽しく参加できました。今年が最後とは、残念。子どもが直接畑を見ることができること農家の方たちの日に焼けた姿や、たくましい腕をしているのを間近で見られることなど、良い体験だったと思います。10月が過ぎて給食にじゃがいもが出たら、教室で友達に話すと思います。ありがとうございました。

じゃがいもを思った以上にとれたので、子どもも楽しんでいました。選果場の作業がみられなくて残念でした。せっかくの見学会なので、生産者の方の取組等、簡単でよいので有ったらよかったなと思いました。今回が最後とのことで、こうした機会がなくなってしまうのは残念ですが、別の形で子どもたちに給食について考える機会を作っていただけると有難いです。本日はありがとうございました。

初めに受付でバナナが出てきたのには驚きました。バナナ大好きです。スイカがとてもおいしかったです。生育が遅いと聞き、貴重だったのでは?持ちきれないほどのおいも、感激です。自然と笑顔になりました。土に触ることがあまりないのですが、良い土だということがわかります。畑の中に入らせてくれた農家の方、皆様に感謝です。7年位前になりますが、知り合いの方がこのイベントに参加していて、おいもをたくさんおすそ分けもらったのを覚えています。子どもはこの時もらったいもを食べていないので、「おいしいんだよ!」と言ったりしました。サラダ楽しみ…。今年で最後なのは残念ですが、親子で畑に行く行事はなくなってほしくないと思います。本日はありがとうございました。

選果場はスイカを食べて終わってしまったけど、臨機応変に富良野マルシェに寄って良かったです。じゃがいもも今年は不作とのことでしたが、大きなじゃがいもがゴロゴロとれて、袋にたくさん入れて、子どもと一緒にはしゃいでしまいました。今年で終了とのことで、残念です。姉たちも参加してきて、4年生になり参加できて楽しい夏休みの思い出ができました。ありがとうございました。新じゃがを早速使い、焼肉と一緒に食します。


プライバシーポリシー Copyright(c) 公益財団法人 札幌市学校給食会 All rights reserved.
ホームへ サイトマップ