財団法人札幌市学校給食会
給食会の紹介 業務情報 業者登録 広報誌 給食会ニュース リンク集
給食会ニュース
 
 
 
 
 
2016.11.14(月)
「第39回 学校給食展」が開催されました

  10月22日(土)、JR札幌駅西側コンコースを会場に札幌市学校給食栄養士会主催、札幌市学校給食会共催による「学校給食展」が開催されました。
 第39回となる今年の給食展は、10時の開場と同時に、会場からあふれんばかりの人でにぎわいました。
 今回の「給食展」も昨年同様、「きゅうしょくで学ぼう!食べる楽しさ 大切さ」をテーマに、写真や実物の展示、寸劇、ゲームなどのイベントで楽しく紹介されていました。
 学校給食の取組が紹介された掲示板を巡って、説明を受けた人に野菜がプレゼントされるという「野菜ゲットスタンプラリー」や、箸を上手に使って豆を移動する「はし1(ワン)グランプリ」などが人気で、一日の野菜の量を知ることができる「野菜計量コーナー」では、食生活改善の必要性を痛感したという人も多かったようです。
 当給食会も共催団体として運営にかかわるとともに、公益財団法人としての取組等をパネルにまとめて展示し、学校給食の推進に貢献するために様々な活動を進めていることを来場者に紹介させていただきました。


会場:「JR札幌駅西側コンコース」
テーマは「きゅうしょくで学ぼう!食べる楽しさ 大切さ」でした。

開場とともに、たくさんの来場者の方々が!


やさいゲットスタンプラリー」の受付には、開始前から長蛇の列が!

「豚丼」や「スープカレー」などの新しいメニューの給食見本が、多くの来場者の注目を集めていました。


「フードリサイクル」の現状、「早寝早起き朝ごはん」、「給食指導や食育」への取組などの展示パネルに、たくさんの人だかりができました。

栄養士会員の丁寧な説明に、たくさんの来場者の方々が、熱心に耳を傾けていました。


はしで豆を移動するゲーム 「はし1グランプリ」・・・正しい箸の持ち方が勝利の鍵をにぎっています。

「一日に必要な野菜の量は?」
実際に秤で測定するコーナーもありました。


「ミニミニ食指導」での寸劇
迫力満点の怪獣も登場しました。

当給食会の業務をパネル展示で紹介しました。
プライバシーポリシー Copyright(c) 公益財団法人 札幌市学校給食会 All rights reserved.
ホームへ サイトマップ