財団法人札幌市学校給食会
給食会の紹介 業務情報 業者登録 広報誌 給食会ニュース リンク集

業務情報
安定・廉価な供給態勢
安全・安心な物資供給
食育への取り組み
 
 
食育への取り組み
 当給食会では、札幌市の児童・生徒の食育事業に積極的に取り組んでいます。

地産地消
 札幌市では、食に関する指導を充実させるため、地産地消により生産・流通・消費の理解を深めることを札幌市教育推進基本計画にうたっています。
 このため、当給食会では、札幌産のこまつな、玉ねぎ、ブロッコリー、レタス、とうもろこしや札幌市近郊町村産のかぼちゃ、白菜などの供給に努めています。
 また、北海道内の各産地からの「クリーン青果物」等の供給にも努めています。


フードリサイクル事業
 札幌市では、平成18年度から学校給食の調理くずや残食などの生ゴミを堆肥化し、その堆肥を利用した作物を給食の食材として利用する「さっぽろ学校給食フードリサイクル」事業を開始し、2学期からモデル重点校2校を対象として、こまつななど4作物が供給されました。
 平成19年度からは対象が全校に拡大され、当給食会の取扱い青果物としてレタス(H19)、玉ねぎ・さつおう(H20)、とうもろこし(H21)を供給しています。

札幌のレタス畑
札幌のレタス畑
* フードリサイクル *
 学校給食の調理くずや残食のリサイクルを通して、食育・環境教育の観点からも有効であり、ものを大切にする子供を育てる教育的な効果が期待できます。


クリーン野菜産地親子見学会
 当給食会が主催する親子見学会は平成12年から始めており、例年、小学校の夏休み期間中に、日帰りの貸切バスで富良野へ往復しています。
 この事業は、日ごろ学校給食を食べている子どもたちとその保護者が、生産地で、実際に青果物の生産に携わる人たちの苦労や考え方を聞いたり、にんじん選果場を見学したり、また、じゃがいも掘りの実践等を通して、子どもたちに、農作物を大切にしようとする心が徐々に育ってもらいたいとの願いから実施しています。
ばれいしょ掘り
富良野でのばれいしょ掘り
 なお、参加対象は、札幌市内在住の小学生4〜6年生とその保護者20組、40名となっています。詳細は、参加者募集時の案内をごらんください。


親子市場見学・料理教室

 平成27年度から始まった事業で、10月初旬の土曜日に札幌中央卸売市場を訪れ、実際に青果棟や水産棟を見学した後、市場内の調理室で、学校給食で使用されている魚介類と青果物を使って調理・試食する学習会です。
 参加対象は、札幌市内在住の小学生4〜6年生とその保護者21組、42名となっています。詳細は、参加者募集時の案内をごらんください。


鮭の解体実演
鮭の解体実演
 
プライバシーポリシー Copyright(c) 公益財団法人 札幌市学校給食会 All rights reserved.
ホームへ サイトマップ